失語症

目次
失語症の歴史
疾患概要
関連問題
関連ページ

失語症の歴史

失語症とは、大脳の器質的病変で生じる、言語機能の障害で、「聴く」「話す」「読む」「書く」という言語機能が失われた状態を示します。
失語症の研究は、脳のある部分がある特別な心の働きと密接に関係しているとするガル(Gall,F.)の骨相学にさかのぼることができますが、この考えを検討する流れから1861年にブローカ(Broca,P.)によってなされた症例報告が一つの契機とされています。ブローカの症例報告のうち1例は、脳軟化のために言語了解は良好であるものの、「tan,tan」としか発語できない状態になりその後、知能低下をきたし死亡しました。そして、剖検脳の肉眼検索によって、左半球前頭葉の下前頭回脚部(現在のブローカ野)が構音言語を司っているとされました。
1874年には、ウェルニッケ(Wernicke,C.)がブローカの発見した失語とは異なるタイプの失語を発見し、言語関連する中枢として、運動言語中枢と聴覚言語中枢を別々に想定しました。そして、運動言語中枢は左前頭葉下前頭回にあり、この損傷によって発話の障害を中心とする運動失語が生じ、また聴覚言語中枢は左側頭葉上側頭回にあり、この損傷によって了解障害を中心とする感覚失語が生じるとし、さらに、この2つの中枢を直接に連結する連合繊維の損傷によって、復唱障害を主とする伝導失語が発生するとしました。
その後、リヒトハイム(Lichtheim,L.)による追加研究を踏まえて、失語図式がつくられました。
この図式には「概念中枢」が想定されていますが、これは脳の特定の部位と同定されるものではなく、また解剖学的な根拠にも乏しいものですが、失語症の病態を理解するうえで有効な図式とされています。

疾病概要

失語は、「流暢さ」、「言語理解」、「復唱」などの項目で鑑別されます。
各々の疾患の特徴は以下の通りです。

<参考文献>

  • 濱中淑彦(監修) 1999 失語症臨床ハンドブック 金剛出版
  • 医療情報科学研究所(編) 2011 病気が見えるvol.7 脳・神経 メディックメディア
  • 石川裕治(編) 2000 言語聴覚療法シリーズ4 失語症 建帛社

関連問題

関連ページ

疾患

スポンサーリンク
cottonをフォローする
公認心理学-公認心理師試験合格のための心理学-