障害・症状

クライエントの情報を分析する際の参照枠には様々なものがありますが、その一つとして、疾患や症状という枠組みがあります。
この枠組みは、医学的な処置と密接な関係があり、クライエントを総合的に見立て、医師や看護師などの他職種との連携のもと援助していくために欠かすことができない枠組みです。

精神疾患の診断基準としてはWHOが発行しているICDやアメリカ精神医学会が発行しているDSMが有名です。しかし、ここではそれらとは違った視点で、障害や症状について見ていきます。

なぜならば、1つとして、ICDやDSMに基づいて話をしていこうとすると診断基準に触れざるを得ませんが、それは著作権の関係で難しいことですし、できたとしてもICDやDSMの内容の羅列になってしまうならば各々の書籍を買うのが結局は一番良いということになると考えるからです。

また、ICDやDSMはあくまでも分類の基準です。その基準は改定の度に最新の知見取り込まれ変更されていくわけですが、そこにある現象は、基準が変わっても変わらず現象としてあり続けます。精神疾患の診断や分類は、試行錯誤が繰り返されており、いまだ発展途上です。新たな知見から現象をより適切に切り取り直したり、カテゴライズし直したりすることは大変重要ですが、一方で、そこに変わらずに存在している現象そのものに目を向けていくことも大切だと考えます。

試験には、ICDやDSMの診断基準がそのまま出ることがあります。試験のためにも、今後の臨床のためにも、最新のICDとDSMは必須だと思います。それらの情報は各々の書籍にあたってもらうとして、当サイトでは、各々の疾患がどのような変遷をたどってきたか、その歴史を中心にまとめることで、分類にとどまらない疾患の理解を深めることを目指してみます。ICDやDSMとは必ずしも一致しない疾患名で情報をまとめてあるのはそのためです。

疾患

脳・精神疾患

身体疾患

スポンサーリンク
cottonをフォローする
公認心理学-公認心理師試験合格のための心理学-