2018年 問43

問題

乳児期の発達に関する心理学的研究手法について、正しいものを1つ選べ。

① 馴化−脱馴化法は、異なる刺激を次々と呈示し、乳児の関心の変化を確かめる。
② スティルフェイス実験は、他者との相互作用において、乳児がどれだけ無表情になるかを見る。
③ 選好注視法は、乳児に2つの視覚刺激を交互に続けて呈示し、どちらに対して長く注視するかを見る。
④ 期待違反法は、乳児が知っていることとは異なる事象を呈示して、乳児がどれだけ興味や驚きを示し、長く注視するかを見る。

関連ページ:乳幼児研究法

違う問題を解く

次の問題を解く

ランダムに問題を解く

任意の問題を解く