臨床心理学

臨床心理学とは、主として心理・行動面の障害の治療・援助、およびこれらの障害の予防、さらに人々の心理・行動面のより健全な向上を図ることをめざす心理学の分野です。

この臨床心理学の知識を用いて、様々な領域で心理臨床活動がすすめられています。

臨床心理学に関連する知識を整理する枠組み

当サイトでは、臨床心理学に関する知識を、どのような領域の心理臨床でもその基盤となる『基礎』と、特定の領域においてより重要となる『発展』とに便宜的に分けています。

心理臨床は、やみくもにおこなわれることは決してありません。例えば、動かない車を自分で修理しようとしたら、まず車が今どういう状態なのかを調べてから修理をはじめるでしょう。料理が思った味にならなければ、何が足りないのかを考えてから味を足していくでしょう。同じように心理臨床でも、対象をはじめ状態などをしっかりと見立ててから、それに応じて治療や援助がおこなわれます。

心理臨床は、①情報収集、②情報の分析・統合(仮説の生成)、③介入(仮説の検証)、④新たな情報の収集、⑤新しく得られた情報を踏まえた仮説の修正という順番で進んでいきます。⑤で修正された仮説はそれに基づく介入によって検証され、そこから得られた情報で仮説がさらに修正されていくという過程が繰り返されていきます。

公認心理師法でも、公認心理師の仕事として、心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析と、援助が挙げられていますが、観察が①、分析が②、援助が③の過程にあたります。

このように、上記の心理臨床の過程は、どのような心理臨床の場面にも共通する、基礎的で重要なものだと思います。

心理臨床過程の中で、まず、患者の人となりや主訴を理解するために、情報を集める必要があります。①の情報収集では、目の前の患者の立ち振る舞いや、どういう家族でどう育ってきたかという話、現在の困りごとはいつから起こってどういう変遷を経ているのか、どういう状況でどれくらいの頻度で起こるのか、それに伴って周囲にはどのような変化があるのかという話などがその枠組みとして役に立ちます。あわせて、CTや脳波、心理検査といった検査の結果も、患者を理解する上で有用です。

次いで、そうして得られた情報をまとめあげて患者の理解を形にしていきます。②の分析・統合で役に立つ枠組みのひとつは、各種精神療法のアセスメント概念です。例えば精神分析的な心理療法であれば、転移や防衛機制のあらわれ方に注目して自我や対象関係の在り方といった面からその人らしさを理解しようとし、発達段階なども踏まえて主訴がどういう文脈から生じているのかなどを理解していこうとするでしょう。また、行動分析では、構成概念は用いずに行動の水準に注目し、学習理論を踏まえて環境との相互作用から患者の主訴を理解していこうとするでしょう。システム論的な家族療法であれば、家族の相互作用をはじめとしたシステムの循環に注目して理解を進めるでしょうし、解決志向アプローチであれば、問題の原因という過去よりも問題が解決した未来に目を向け、現在を未来に近づけていくためにすでに何が起こっているのかに注目したりしていくでしょう。こういった、各々の心理療法のアセスメントに関連した概念が、①で得られた情報をまとめ、患者の理解を進めていく枠組みとして役に立ちます。

心理臨床における患者の理解は本来、その人が”どういうカテゴリーに属する人なのか”という<分類>を超えて、その人が”どういう人なのか”という<記述>を目指しておこなわれます。とはいえ、特定の疾病に当てはまる情報が得られたならば該当する疾病への分類も並行しておこなっていく必要があります。特定の疾病を単位として、それに有効な治療や援助の方法が明らかになっているものもありますし、疾病分類は他職種との共通言語としても使われるので円滑な連携にも欠かせません。

こうして推測されたその人らしさや問題の理解に基づいて、介入がなされます。③の介入は、心理療法的な枠組みでおこなわれることもあれば、薬物療法の枠組みでおこなわれることもあるでしょうし、ソーシャルワーク的な枠組みが並行して用いられるようなこともあるでしょう。

公認心理師試験で問われる知識には、この心理臨床の過程と関連するものがあり、それらの知識をまとめた上で、上記の心理臨床の過程と関連づけて、基礎的な知識として整理しました。

一方で、発展的な知識として「医療・福祉」、「学校」、「産業」、「司法」を分類しました。

心理臨床の実践場面は、健康・医療、福祉、教育、司法・犯罪、産業・組織など多岐にわたり、それぞれの領域に特有の知識があります。それらを”発展”として、領域ごとにまとめました。

知識を基礎として、各々の領域に特有の知識を重ねていくことで、個々の領域でより適切に活動することができます。

基礎

情報収集の枠組み  

分析・統合の枠組 

介入の枠組 

発展

医療・福祉

学校

産業

司法

スポンサーリンク
cottonをフォローする
公認心理学-公認心理師試験合格のための心理学-