当サイトについて

試験勉強、何をどこまでやればいいかが分かります

試験勉強に悩みや不安はつきものです。
公認心理師資格試験の勉強のために勉強し始めたはいいけど、調べれば調べるほど出てくる情報に、一体どこまで勉強すればいいんだろうと途方にくれたことはないでしょうか。
一方で、過去問を解き始めて解いた問題はわかるようになったけど、ちょっと違う問題が出たときに果たして答えられるかと不安に感じたことはないでしょうか。

当サイトは、そういった試験に関する悩みや不安を軽減し、公認心理師資格試験に合格する事を目的に作成されています。
上記の悩みや不安は、私が第1回公認心理師試験の勉強をしている時に感じていたものです。
当時は、事ある毎に試験の事がチラついて、何をやるにしてもどうにも身が入らない感じがありました。
このような悩みや不安を抱えながら、自分なりに対処して試験に臨んでいくというところまでが試験では求められているんだよといわれればそうなのかもしれませんが、軽減できる悩みや不安は軽減して、その分のエネルギーを他に注ぎながら進んでいければそれに越したことはないでしょう。

そのためには、まず過去の問題について知っておく事が必要です。
実際にどんな問題がでるのか。それらはどんなジャンルが出題されていて、どの程度のことまで聞かれるのか。
こういった事は、過去の問題から知る事ができます。
当サイトでは、公認心理師試験の過去問やその出題傾向にアクセスすることができます。
これによって、どういった事をどの程度学べばいいか、その目安を知る事ができるでしょう。

また、必要な情報を系統立てて理解する事も助けになります。
ただやみくもに出題された問題を解いて覚えるだけでは、少し違った角度から問われただけで対応が難しくなるでしょう。
さらに、試験の範囲は膨大なので、それではやがて記憶も追いつかなくなるでしょう。
そういった問題を解消するためにも、情報は整理して、関連づけて覚える事が重要になります。
当サイトでは、出題された問題に関連する情報が、系統立てて整理され、記載されています。
これによって、知識を無駄なく効率的に身につける事ができるでしょう。

当サイトの目的が意味するところ

公認心理師試験の合格が当サイトの目的になっているのは、それが“心理臨床を進める上で最低限必要な知識の基準であり、達成が明確にわかる”と考えるからです。

これから心理臨床に携わろうとしている私たちの目的は何でしょうか。
色々な考え方があるとは思いますが、おおまかに、心理臨床でより良いものを提供する事なのではないでしょうか。
そう考えた時、ではそのために一体何がまず必要なのだろうかといった疑問が浮かびます。
心理学のという学問の領域は広大です。一生出会わないような知識だってあるでしょう。
そこから、より重要な情報を自力で取捨選択していくという作業は至難の業です。
このような状況で、最初に必要な事が公認心理師試験に合格する事なのです。
つまり公認心理師試験には、広大な心理学という領域から、優先的に取り組むべきとされるものが詰め込まれていると考えられます。

そして、それは”合否”という明確な結果となってあらわれます。
これは目標としやすいものです。
こういった理由から、公認心理師試験の合格が当サイトの目的となっているのです。
決してそこが最終的なゴールではありません。試験に合格する事は一応のゴールではあるけれど、そこからがスタートでもあるのです。

なぜ当サイトを運営するか

私がこのサイトを運営する理由はいくつかあります。
一つは、私が学んだ知識をまとめておきたいと思ったからです。
そうする事で、私にとってわかりやすく忘れにくい知識になると思ったからです。

また、このサイトを運営する事が私に幅広い領域での継続的な学びをもたらしてくれるとも思ったからです。
公認心理師の資格は更新制ではありませんが、公認心理師に必要とされる知識は日々更新されていきます。
一方で私は、自分の専門としている領域を掘り下げていく事は積極的に進めていくものの、そうでない領域は後回しにしがちです。
そうすると、試験に合格してから情報が更新されないような領域もでてき得ます。
それは本来避けるべき事態でしょう。
そのために、年に1度ある公認心理師試験に強制的に触れるような機会があれば役に立つだろうと思ったのです。
当サイトは、公認心理師資格試験に合格することを目的としていますが、それは公認心理師として活動するための基礎を、”私が”確認していく事ともつながっています。

さらに私にとって、一人よりも誰かと一緒に学んでいくことが、学びを継続し、知識を身につけるための大きな助けになります。

こういった私の目的が、当サイトをご覧くださる方々の目的と一致し、多少なりとも利益を共有できるところを探すとしたら、それがひとつは、“公認心理師資格試験合格に必要な知識を身につける事”になるのではないかと考え、それが当サイトの目的となっているのです。
もしよろしければ、ご利用ください。
共に学びを進めていきましょう。

スポンサーリンク
cottonをフォローする
公認心理学-公認心理師試験合格のための心理学-