2018年 問59

問題

 3歳の男児。3日前に階段から落ち元気がないため診てほしいと母親に連れられて来院した。担当医師の診察結果では、頭部に裂傷と血腫、胸部に紫斑を認めた。胸部エックス線写真で肋骨に受傷時期の異なる複数の骨折を認めた。公認心理師は担当医師から対応を相談された。ソーシャルワーカーからは、男児の家族は1か月前にこの病院のある A 市に転居して来たと伝えられた。診療録によると、最近1か月の間に、小児科で脱水、皮膚科で熱湯による熱傷、外科では外傷による爪剥離と転倒による肋骨骨折の治療歴がある。
 このとき公認心理師が提案する対応として、最も適切なものを1つ選べ。

① 児童相談所へ通報する。
② 母親に夫との関係について聴く。
③ 母親に子育て支援団体を紹介する。
④ 引き続き小児科外来での診療を勧める。
⑤ 母親に今回と過去の受傷機転の詳細について問い質す。

関連ページ:児童虐待防止法

違う問題を解く

次の問題を解く

ランダムに問題を解く

任意の問題を解く