2018年 問65

問題

 50歳の男性。5年前に筋萎縮性側索硬化症<ALS>と診断された。誤嚥性肺炎の既往がある。1年前に嚥下困難となり胃瘻いろう造設術を受け、現在は配偶者の介護により在宅で療養している。四肢の筋萎縮と球麻痺があり、寝たきりで発声は不可能な状態である。在宅医療チームの一員として心理的支援を依頼された。
 この患者の支援にあたって、念頭におくべき症状として、最も適切なものを1つ選べ。

① 褥瘡
② 認知症
③ 感覚障害
④ 呼吸筋障害
⑤ 眼球運動障害

関連ページ:

違う問題を解く

次の問題を解く

ランダムに問題を解く

任意の問題を解く