2019年 問145

問145


中学1年生の数学教科担任 A は、方程式の単元で困難度の異なる計算問題 30 問が印刷されたプリントを授業中に用いることを考えた。その際、最初から少しずつ難しくなるように問題を配置し、生徒が積極的に解答を書き込めるような工夫をした。また、模範解答も用意した。さらに、授業中には自分のペースで取り組めるような時間を設定することにした。このプリントを用いた A の授業をプログラム学習の原理に沿ったものにするために必要なこととして、最も適切なものを1つ選べ。

① グループで答え合わせをする時間を設ける。
② 解答するための1問当たりの制限時間を生徒に設定させる。
③ 1問ずつ解答した直後に、答え合わせをするように指示する。
④ 計算問題が苦手な生徒に対しては、教師が一緒に答え合わせを行う。
⑤ 全ての問題に正しく解答した生徒から休み時間にしてよいと告げる。

違う問題を解く

ランダムに問題を解く
下の問題はページを読み込む度にかわります。

任意の問題を解く
下の「過去問題」では年度ごとに問題が整理されています。