2019年 問150

問150


25 歳の女性 A。A は夫から暴力を受け、電話連絡や金銭使用を制限されて、配偶者暴力相談支援センターに逃げ込むが、すぐに夫のもとに戻り同居するということを何回も繰り返していた。今回も夫の暴力で腕を骨折し、同センターに保護された。A は日中ぼんやりとし、名前を呼ばれても気づかないことがある。外出すると、自分の居場所が分からなくなる。夫から殴られる夢を見て眠れない、いらいらして周囲に当たり散らすなどの様子がみられる。その一方で、「夫は今頃反省している。これまで何度も暴力の後に優しくしてくれた」と言い、「夫のもとに戻る」と言い出すこともある。Aの状況から考えられることとして、不適切なものを1つ選べ。

① 夫との共依存関係がある。
② 夫婦は常に高い緊張関係にある。
③ 心的外傷後ストレス障害が疑われる。
④ A は、 夫の暴力を愛情表現の1つと認知している。
⑤ ドゥルース・モデルと言われる「パワーとコントロール」の構造が見受けられる。

違う問題を解く

ランダムに問題を解く
下の問題はページを読み込む度にかわります。

任意の問題を解く
下の「過去問題」では年度ごとに問題が整理されています。