2019年 問67

問題

 5歳の男児 A。落ち着きがないことから、両親が児童相談所に来所した。A は乳幼児期から母親と視線を合わせ、後追いもあり、始歩1歳0か月、始語1歳3か月で、乳幼児健康診査で問題を指摘されたことがなかった。ただし、よく迷子になり、気が散りやすく、かんしゃくを起こすことが多く、何かあると母親は A をすぐに叱りつけてしまう。幼稚園でも、勝手に部屋から出ていったり、きちんと並んで待てなかったりするなど集団行動ができない。
 この事例に対して児童相談所の公認心理師がまず行うべき対応として、最も適切なものを1つ選べ。

① 一時保護をする。
② 薬の服用を勧める。
③ しつけの方法を指導する。
④ 療育手帳の申請を勧める。
⑤ 発達検査を含むアセスメントを行う。

関連ページ:

違う問題を解く

次の問題を解く

ランダムに問題を解く

任意の問題を解く