2020年 問88

問題

精神疾患の診断・統計マニュアル改訂第5版<DSM-5>について、正しいものを1つ選べ。

① 機能の全体的評価を含む多軸診断を採用している。
② 次元モデルに基づく横断的症状尺度が導入されている。
③ 強迫症/強迫性障害は、不安症群/不安障害群に分類される。
④ 生活機能を心身機能・身体構造、活動及び参加の3要素で捉えている。
⑤ 分離不安症/分離不安障害は、「通常、幼児期、小児期または青年期に初めて診断される障害」に分類される。

関連ページ:

違う問題を解く

次の問題を解く

ランダムに問題を解く

任意の問題を解く