2018年 問51-60

問51
改訂長谷川式簡易知能評価スケール〈HDS-R〉について、正しいものを2つ選べ。
1.20点以下は認知症を疑う。
2.認知症の重症度評価を主な目的とする。
3.図形模写などの動作性検査を含むテストである。
4.野菜の名前を問う問題は知識量を問うものである。
5.言葉の遅延再生問題で自発的な解答がなければヒントを与える。

問52
教育現場における開発的カウンセリングで用いられる技法として、適切なものを2つ選べ。
1.ピアサポート
2.ソシオメトリー
3.チームティーチング
4.アサーショントレーニング
5.ソーシャルスキルトレーニング〈SST〉

問53
裁判員裁判について、正しいものを2つ選べ。
1.原則として、裁判官3人と国民から選ばれた裁判員6人の計9人で行われる。
2.被告人が犯罪事実を認めている事件に限り審理し、量刑のみを判決で決める。
3.裁判員は判決前には評議の状況を外部に漏らしてはいけないが、判決以降は禁止されていない。
4.職業裁判官と裁判員が評議をつくしても全員の意見が一致しない場合、多数決の方式を採用して評決する。
5.地方裁判所の裁判員裁判の決定に不服があって高等裁判所で審理をされる場合も裁判員裁判をしなければならない。

問54
裁判員裁判について、正しいものを2つ選べ。
1.原則として、裁判官3人と国民から選ばれた裁判員6人の計9人で行われる。
2.被告人が犯罪事実を認めている事件に限り審理し、量刑のみを判決で決める。
3.裁判員は判決前には評議の状況を外部に漏らしてはいけないが、判決以降は禁止されていない。
4.職業裁判官と裁判員が評議をつくしても全員の意見が一致しない場合、多数決の方式を採用して評決する。
5.地方裁判所の裁判員裁判の決定に不服があって高等裁判所で審理をされる場合も裁判員裁判をしなければならない。

問55
向精神薬とその副作用の組合せで、正しいものを2つ選べ。
1.抗不安薬-身体依存
2.炭酸リチウム-甲状腺機能亢進症
3.非定型抗精神病薬-体重減少
4.メチルフェニデート-食欲亢進
5.選択的セロトニン再取り込み阻害薬〈SSRI〉‐賦活症候群

問56
保護観察制度について、正しいものを2つ選べ。
1.保護観察の特別遵守事項は変更されることがある。
2.刑事施設からの仮釈放の許可は保護観察所長の決定による。
3.保護観察処分に付された少年は少年院送致になることはない。
4.保護観察中に転居する場合、同一都道府県内であれば保護観察初潮に届け出る必要はない。
5.少年院仮退院者の保護観察を継続する必要がなくなった場合、地方更生保護委員会が退院を検討する。

問57
医療法に規定されている内容について、正しいものを2つ選べ。
1.50床以上の病床を有する医療機関を病院という。
2.都道府県は医療提供体制の確保を図るための計画を定める。
3.病床の種類は、一般病床、療養病床及び精神病床の3種類である。
4.医療事故とは、医療に起因する又は起因すると疑われる、予期しなかった死亡又は死産をいう。
5.医療事故が発生した場合、直ちに調査を行い、事故に関与した医療従事者は調査結果を医療事故・調査支援センターに報告しなければならない。

問58
精神保健及び精神障害者福祉に関する法律〈精神保健福祉法〉に基づく処遇について、正しいものを2つ選べ。
1.措置入院では手紙の発信が制限される。
2.任意入院の際は精神保健指定医の診察を要しない。
3.患者を隔離する際は精神保健指定医の診察を要する。
4.治療上の理由があれば、複数の患者を同じ病室に隔離することができる。
5.身体的拘束を行った場合は、身体的拘束を行った旨、身体的拘束の理由、開始と解除の日時などを精神保健指定医が診療録に記載する。

問59
3歳の男児。3日前に階段から落ち元気がないため見てほしいと母親に連れられて来院した。担当医師の診察結果では、頭部に裂傷と血腫、胸部に紫斑を認めた。胸部エックス線写真で肋骨に受傷時期の異なる複数の骨折を認めた。公認心理師は担当医師から対応を相談された。ソーシャルワーカーからは、男児の家族は1か月にこの病院のあるA市に転居して来たと伝えられた。診療録によると、最近1か月の間に、小児科で脱水、皮膚科で熱湯による熱傷、外科では外傷による爪剥離と転倒による肋骨骨折の治療歴がある。
このとき公認心理師が提案する対応として、最も適切なものを1つ選べ。
1.児童相談所へ通報する。
2.母親に夫との関係について聴く。
3.母親に子育て支援団体を紹介する。
4.引き続き小児科外来での受診を勧める。
5.母親に今回と過去の受傷機転の詳細について問い質す。

問60
33歳の女性A。Aは、3年前にうつ病と診断されて自殺未遂歴がある。1か月前からうつ状態となり、入水しようとしているところを両親が発見し、嫌がるAを精神科外来に連れてきた。両親は入院治療を希望しており、Aも同意したため任意入院となった。入院当日に病棟で公認心理師が面接を開始したところ、「すぐに退院したい」とAから言われた。
このときのAへの対応として、最も適切なものを1つ選べ。
1.主治医との面接が必要であることを伝える。
2.退院には家族の許可が必要であることを伝える。
3.意に反する入院は有益ではないため面接を中止する。
4.Aが希望すれば直ちに退院が可能であることを伝える。
5.外来に通院することを条件に、退院が可能であると伝える。

問61-70

スポンサーリンク
cottonをフォローする
公認心理学-公認心理師試験合格のための心理学-