感情障害

感情障害

歴史

 うつや躁といった感情の状態の記述は、メランコリー(melancholia)やマニー(mania)として古代ギリシアにまでさかのぼって見ることができるといわれます。ただし、その意味や示す範囲は現在のものとは異なっていました。1800年当初には、マニーは統合失調症やうつ病、周期性や反復性の経過をとる精神疾患、認知症などが混入した狂気の総称として用いられていました。

 今日のような気分障害の先駆的な概念としては、1851年にファルレ(Falret.J.P)が、さまざまな長さをもったうつ病相、躁病相、無症状期の連続した循環によって特徴づけられる病態を、循環精神病としたことがあげられます。1854年には、バイヤルジェ(Blillarger,J)が、中間期を重要視していないものの、マニアとメランコリアの間で相互に転換する一疾病として重複型精神病を提示しています。

 1863年には、カールバウム(Kahlbaum, K.L)がファルレを支持し、循環精神障害を定型精神障害の異型と位置づけました。カールバウムは、精神障害を精神機能が全般的におかされるものと、部分的におかされるものとに分け、後者に感情面がおかされるものなどが組み入れられました。

 このような流れを受けて、クレペリン(Kreapelin, E)は1883年、自身の教科書である精神医学ハンドブックにおいて、抑うつ状態(Depressionszustande)、興奮状態(Aufregungszustande)などとともに「病間期の正常ではない基盤の上に、ある特定の病的な症状群が周期性に発生するもの」とする周期性精神病(Periodische Psychosen)を置き、その下位群に周期性マニー(Mania periodica)、周期性メランコリー(Melancholia periodica)、循環精神病(Cirkulares Irresein)などを置きました。その後、マニー(Manie)、メランコリー(Melancholie)、周期性精神病が上位分類として位置づけられその下位分類が変更されていくなど、教科書の改定を重ねる中で分類の検討は続けられ、第6版では躁うつ病(Manisch-depressives Irresein)が登場します。そして1913年の第8版で、躁うつ病は早発性認知症と並ぶ2大内因性精神病として位置づけられました。ただし、クレペリンの躁うつ病の概念は、「一方にいわゆる周期性、循環性の病気のすべてと、他方には単発性躁病、メランコリーといわれる病像の大部分と少なからぬ数のアメンチアを含む」とされているように、そこには単極性のうつ病や双極性障害を含むほとんどの気分障害が含まれていました。ちなみに、Depressionがメランコリーに代わり、うつ状態やうつ病の意味で精神医学に登場したのは19世紀半ばとされますが、メランコリーが様々な意味を包含していて必ずしも感情のみにかかわる言葉ではない一方で、ディプレッションは純粋に感情に関係する言葉として特定されたという経緯があります。

 その後、クレペリンの分類をめぐって様々な議論がなされます。1957年には、レオンハルト(Leonhard,K)が躁うつ病概念を細分化する中で単極と双極という用語を用い、極性に基づいて躁うつ病を純粋メランコリアや純粋うつ病から分離しました。また、アングスト(Angst,J.)は、長期追跡によって単極躁病はうつ病相を呈することが多く、双極性障害と類似した家族集積性を示すことから、単極性躁病は双極性障害に含めるのが妥当だとしました。そして1980年、病因論を廃し、基本的な症候に着目する記述的スタイルをとるようになったDSM-Ⅲから、うつ病と双極性障害が明確に区別されるようになりました。

 

症状

 抑うつ性障害の症状は、抑うつ気分と興味または喜びの喪失が特徴です。

 うつ状態がひどくなると、自身に対する無価値観が極端になり、妄想が出現することもあります。うつに特徴的な妄想は、何を考えても悪い方にしか考えられず、自分は今まで何の役にも立ったことがないダメな人間だとしか思えなくなる微小念慮が強くなったもので、微小妄想と呼ばれます。微小妄想には、「お金がない」、「借金がある」といった貧困妄想、「癌にかかって死期が近づいている」といった心気妄想、実際は大したことでもないことで大きな罪を犯したと信じ込む罪責妄想などがあります。

 双極性障害は、異常かつ持続的に気分が高揚したり活動が亢進したりするいわゆる躁的な状態が特徴です。これに加えて躁的な状態である期間よりも長い期間、抑うつ的な状態が見られます。または、躁的な状態がより長期間続き、場合によっては抑うつ的な状態がないこともあります。
 双極性障害における抑うつ的な状態での症状はうつ病の症状とほぼ同様です。躁的な状態では、自尊心の肥大や多弁さ、観念奔逸や注意散漫がみられます。

 また、躁状態では、誇大性が高じると誇大妄想にも発展します。

 抑うつ的な気分や躁的な気分は、周産期に発症することもあります。約3~6%の女性が、妊娠中、または産後数週~数か月の間に抑うつ的な状態になります。産後の抑うつ的な状態のおよそ半数は、実際には出産前から始まっているとされます。

治療

 うつ病の薬物療法には、抗うつ薬を用います。軽症で遷延するうつ状態の場合は、認知療法の適応となることもあります。

 双極性障害の薬物療法には、炭酸リチウム(気分安定薬)が第一選択薬となります。うつ状態となった場合にも、重症でなければ炭酸リチウムの投与を続けながら経過を観察します。それでも改善しない場合はそこに抗うつ薬を加えます。もしも妄想などの精神病症状を伴う場合には、通常最初から抗精神病薬を併用します。双極性障害とわかっている患者に対して、抗うつ薬を単剤で投与することは避けます。

関連問題

●2018年-問102 ●2019年-問57問101 ●2020年-問92問105

参考文献

  • 阿部隆明 2011 双極性障害の概念:近代概念の成立からバイポーラースペクトラムまで 臨床精神医学40(3).241-249
  • 古野毅彦・濱田秀伯 2005 うつ状態の臨床的分類の流れ-伝統的分類と国際分類- 臨床精神医学34(5).573-580
  • 鹿島晴雄・宮岡等 2003 よくわかる うつ病のすべて-早期発見から治療まで- 永井書店
  • 加藤忠史 2002 うつ病と双極性障害 日野原重明・井村裕夫(監修) 看護のための最新医学講座 12 精神疾患 pp.285-303 中山書店
  • 古茶大樹 2005 クレペリンと躁うつ病概念 臨床精神医学34(5).543-549.
  • 黒木俊秀 2017 双極Ⅱ型障害の概念史とその背景 臨床精神医学46(3).245-251.
  • 中山和彦・小高文聰 2006 双極性障害100年の歴史を振り返る―双極性障害、非定型精神病、統合失調症― 臨床精神医学35(10).1391-1394
  • 大前晋 2013 内因性うつ病-概念史と現代的意義- 臨床精神医学42(7).825-839
  • 高橋三郎・大野裕 2014 DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引き 医学書院
スポンサーリンク
cottonをフォローする
公認心理学-公認心理師試験合格のための心理学-