摂食障害

摂食障害

 心因性の理由で摂食を拒否する若年女性の報告は古くからありましたが、医学的に記載したのはモートン(Morton,R.)が最初とされます。モートンは1689年に「消耗病」として言及しました。
 その後、1873年にはエルネスト=シャルル・ラセーグ(Ernest-Charles Lasègue)が「ヒステリー性食思不振症」として、1874年にはガル(Gull,W.W.)が「神経性無食欲症(Anorexia Nervosa : AN)」としてそれぞれ独自に症例を報告し、ガルの命名した用語が汎用されるようになっていきました。

 一方で、過食の記述も古代までさかのぼることができますが、症候群として最初に記述したのはラッセル(Russell G.F.M)とされます。ラッセルは、1979年に、自己制御できない過食の衝動や、過食後の自己誘発性嘔吐または下剤の使用、肥満に対して病的恐怖を示すような患者の一群を「神経性過食症(Bulimia Nervosa : BN)」としました。

 当初BNはANの予後不良型と考えられていましたが、「過食症(bulimia)」とされた1980年のDSM-Ⅲでは、病的な食欲制御不能として、身体像の障害として考えられていたANと区別されました。しかし、1987年のDSM-Ⅲ-TRで過食症がBNと改められた後、1994年のDSM-Ⅳでは、摂食障害としてANとBNがまとめられました。

 ICD-10では国際比較できるようにBMIで17.5以下を低体重として1つの基準としています。ANは、思春期の女性に好発し、約0.13%、BNは約1%が罹患すると報告されています。

 摂食障害の病因については、生物心理社会的要因の相互作用によるものと考えられています。生物的要因と関連して、遺伝要因が関与していることが知られています(安藤・小牧 2009)。

 症状は、精神症状として抑うつや不安、強迫症状がAN、BNともにしばしばみられ、身体症状としてANで月経異常が認められますが、正常体重のBN患者においても無月経や希発月経がしばしばみられます。
 その他、特にANで、低体重でやせていても、他者が認めているほど自分ではやせていると思っていなかったりするような身体増像の障害が典型的に認められます。また、自らやせを希望しているため、やせている状態を病気と認識しておらず、病識が欠如していることが多いとされます。

 予後については、ANは様々で、死亡率は4-20%とされ、死因の過半数を合併症によるものが占めます。一方でBNは慢性化しやすいといわれており、死亡率は約0.3%とされています。

 摂食障害の治療は外来によるものが中心となりますが、身体的に生命の危機がある場合や自殺の恐れがある場合は、患者の意思に反しても入院治療がおこなわれます。
 摂食障害、特にANに対する心理療法では、意思に反して受診させられる場合が多い事もあり、初期には症状について深く追及するより信頼関係の形成に努めます。そして、信頼関係が成立した後に、体重や食物に関連した思い込みに気づくように働きかけてきます。

関連問題

●2018年-問101 ●2018年(追加試験)-問27 ●2020年-問79問104

引用・参考文献

  • 安藤哲也 小牧元 2009 摂食障害の遺伝子研究-候補 遺伝子法から全ゲノム相関解析へ- 心身医49(1)47-56
  • 切池信夫 2002 摂食障害 日野原重明・井村裕夫(監修) 看護のための最新医学講座12 精神疾患 pp.196-208 中山書店
  • Shorter,E. 2005 A HISTORICAL DICTIONARY OF PSYCHIATRY Oxford University Press 江口重幸・大前晋(監訳) 2016 精神医学歴史事典 みすず書房
スポンサーリンク
cottonをフォローする
公認心理学-公認心理師試験合格のための心理学-