不登校

不登校

 不登校という用語が使われるようになったきっかけは、学校教育が開始されてからの怠学研究の中で、従来の怠学児とはちがった神経症的症状を持つ者がいるとの指摘にあるとされています。その後、1940年代に、学校恐怖症、学校ぎらい、登校拒否と様々な名称が検討されていき、疾病や症候群としてではなく、症状としてとらえる立場から、不登校という名称が提案され現在に至ります(保坂 2002)。現在、文部科学省のおこなう<児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査>では、年度間に連続又は断続して30日以上欠席した児童生徒数のうち、「何らかの心理的、情緒的、身体的、あるいは社会的要因・背景により、児童生徒が登校しないあるいはしたくともできない状況にある者(ただし,「病気」や「経済的理由」による者を除く。)」を不登校として計上しています。

 小中学校における不登校は、平成3年に30日以上の欠席者を対象として計上するようになってから年々増加し、平成13年の138,722人をピークにその後13万人から11万人を推移していましたが、平成29年に14万人を超えてからは増加傾向にあります。

 不登校の要因には様々なものが考えられますが、そのような中で、本人の「無気力・不安」によるものが多くを占めています。また、「いじめを除く友人関係」、「親子の関わり方」、「学業の不振」も不登校の大きな要因となっています。

 学生の無気力状態と関連する概念として、スチューデント・アパシーがあります。アパシーとは、無気力・無感動・無関心を総称して使われる用語です(内山 1990)。アパシー(Apthie,apathy)はギリシャ語の「pathos(Passion)の欠如」を語源とする言葉で、精神医学用語としては無感情や感情鈍麻を意味していましたが、これに対してWalters(1961)が、男らしさの形成という発達課題に関して独特のアパシー状態を示す男子大学生がみられることを指摘し、スチューデント・アパシーとしたところにその端緒があるとされます(下山 1997)。下山(1997)によれば、スチューデント・アパシーは、悩まない行動障害、悩めない心理障害、自律適応強迫性格という3次元構造によって理解されます。

 不登校の要因が多岐にわたる様子にも見られるように、不登校は学校に登校していないという状態を示す用語にすぎません。そのため、適切な評価にあたっては、背景疾患の診断、発達障害の診断、不登校出現過程による会分類の評価、不登校の経過に関する評価、環境の評価といった多軸評定の重要性が指摘されています(齊藤 2007)。

 不登校児への支援としては、政府が<不登校児童生徒への支援の在り方について(通知)>としてその方針を明示しています。それによると、不登校児童生徒への支援は、「学校に登校する」という結果のみを目標にするのではなく、不登校が一方では休養や自分を見つめなおすことになりえ、一方では学業の遅れや社会的自立へのリスクになりえるといった事に留意しておこなわれます。

 また、学校での取り組みの充実についても触れられ、不登校児童生徒への効果的な支援のために、学校関係者が中心となって児童生徒や保護者と話し合いなどをおこない「児童生徒理解・支援シート」を作成し、活用していく事が望ましいとされています。学校での取り組みとしてほかにも、不登校児童生徒に対する多様な教育機会を確保することや不登校が生じないような学校づくりをめざすこと、いじめ、暴力行為等の問題行動を許さない学校づくりをすることや、児童生徒の学習状況等に応じた指導・配慮を実施することなどに触れられています。

関連問題

●2018年(追加試験)-問21 ●2019年-問102 ●2020年-問134

参考文献

  • 内山喜久雄(他・監修) 1990 スチューデント・アパシー 同盟舎
  • 齊藤万比古(編) 2007 不登校対応ガイドブック 中山書店
  • 下山晴彦 1997 臨床心理学研究の理論と実際―スチューデント・アパシー研究を例として 東京大学出版会
  • 保坂亨 2002 展望 不登校をめぐる歴史・現状・課題 教育心理学研究41 pp.157-169
スポンサーリンク
cottonをフォローする
公認心理学-公認心理師試験合格のための心理学-