犯罪

犯罪

 刑法犯の認知件数は、平成8年から毎年戦後最多を更新して平成14年には最高に達しましたが、平成15年以降は減少傾向にあります。刑法犯の罪名で最も多いのは窃盗で、全体の7割程度を占めます。検挙されたものの罪名で最も多いのも窃盗ですが、その割合は全体の5割程度で、暴行、傷害と続きます。

 65歳以上の高齢者に焦点をあてると、刑法犯の検挙人員におけるその比率は年々上昇しています。平成30年は21.7%でした。性別を女性に絞ってみると、刑法犯の検挙人員全体に占める高齢者の割合がさらにあがります。平成30年は33.9%でした。上に記したように、刑法犯の検挙人員を罪名で見ていくと窃盗、暴行、傷害が多くを占めていますが、検挙人員の人口に占める比率をみた場合、暴行、傷害は64歳以下の方が多いものの、窃盗に関しては平成16年以降65歳以上の方が多くなっています。これと関連して、高齢入所受刑者の罪名別構成比をみてみると、窃盗が約半分を占め、女性に関しては8割を超えています。平成30年は、89.2%でした(令和元年版 犯罪白書)。

 犯罪者の評価と治療に関するモデルとして、Risk-Need-Responsivity(RNR)モデルが知られています。
その中核的な原則は

  • リスクの原則。サービスレベルを犯罪者の再犯のリスクに合わせる。
  • ニーズの原則。犯罪につながるニーズを評価し、それを治療の対象とする。
  • 反応性の原則。認知行動療法を行い、犯罪者の学習スタイル、モチベーション、能力、強みに合わせて介入を行うことで、犯罪者が更生的介入から学ぶ能力を最大限に高める。

です。
 RNRモデルでは、リスク要因として、静的な要因として「犯罪歴」を、動的な要因として、衝動的だったり攻撃的でイライラしやすかったりといった「反社会的パーソナリティ傾向」、法律に対する否定的な態度などの「犯罪促進的態度」、犯罪者の友人や社会性のある人からの孤立といった「犯罪に対する社会的な支援」、アルコールやドラックなどの「薬物乱用」、家族関係の悪さといった「家族/夫婦関係」、業績不振や満足度の低さといった「学校/仕事」、社会的なレクリエーションや余暇活動への関与の欠如といった「社会的なレクリエーション活動」を挙げています(Bonta, J. & Andrews, DA. 2007)。

関連問題

●2018年(追加試験)-問22 ●2020年-問49

参考文献

令和元年版 犯罪白書

  • Bonta, J. & Andrews, DA. 2007 Risk-need-responsivity model for offender assessment and rehabilitation Rehabilitation 6 (1), 1-22

スポンサーリンク
cottonをフォローする
公認心理学-公認心理師試験合格のための心理学-