2018年 問15

問題


E. H. Erikson のライフサイクル論について、最も適切なものを1つ選べ。

① 人の生涯を6つの発達段階からなると考えた。
② 成人期前期を様々な選択の迷いが生じるモラトリアムの時期であると仮定した。
③ 青年期を通じて忠誠<fidelity>という人としての強さ又は徳が獲得されると考えた。
④ 各発 達段階に固有のストレスフルなライフイベントがあると仮定し、それを危機と表現した。
⑤ 成人期後期に自身の子どもを養育する中で、その子どもに生成継承性<generativity>が備わると考えた。

関連ページ:エリクソンのライフサイクル論

違う問題を解く

次の問題を解く

ランダムに問題を解く

任意の問題を解く