2018年(追加試験) 問12

問題

 障害のある児童生徒への合理的配慮に該当する例として、最も適切なものを1つ選べ。

① 特別支援学校(視覚障害)の授業で点字を用いる。
② 特別支援教室において個別の取り出し指導を行う。
③ 肢体不自由の児童生徒のために学校にエレベーターを設置する。
④ 特別支援学校(聴覚障害)の授業で音声言語とともに手話も使う。
⑤ 試験の際、書字障害の児童生徒にパーソナルコンピューターでの答案作成を許可する。

関連ページ:

違う問題を解く

次の問題を解く

ランダムに問題を解く

任意の問題を解く