2019年 問75

問題

 23 歳の男性 A、大学1年生。A が学生相談室に来室した。昨年度末で卒業の予定であったが、必修科目の単位が取得できず留年した。その必修科目については1年次から何度も履修を繰り返し、単位取得に向けて最大限の努力を続けてきたが、結果は全て不合格であった。今年度からは、留年した学生のための特別な学習指導を新たに受けられるようになった。それにもかかわらず、努力をしても無駄だと感じて意欲を喪失し、欠席が続いている。
 現在の A についての説明として、最も適切なものを1つ選べ。

① 自尊感情が過度に低い。
② テスト不安が過度に高い。
③ 学習性無力感に陥っている。
④ ソーシャルスキルが不十分である。

関連ページ:

違う問題を解く

次の問題を解く

ランダムに問題を解く

任意の問題を解く