2018年(追加試験) 問143

問題

 9歳の男児 A、小学3年生。A は、入学時から学校で落ち着きがない様子が見られた。担任教師がサポートしながら学校生活を送っていたが、学年が進むとささいなことで感情が高ぶったり教室の中で暴れたりするようになった。A の学業成績はクラスの中で平均的であった。スクールカウンセラーと A の母親が継続面談を行い、A には個別の指導が必要であると判断した。
 Aが利用する機関として、最も適切なものを1つ選べ。

① 児童相談所
② 教育支援センター
③ 児童自立支援施設
④ 児童家庭支援センター
⑤ 通級指導教室(通級)による指導

関連ページ:

違う問題を解く

次の問題を解く

ランダムに問題を解く

任意の問題を解く