2018年(追加試験) 問144

問題

 大学の学生相談室のカウンセラーが、教員 A から以下のような相談を電話で受けた。「先月、ゼミを1か月欠席している学生 Bを指導するため面談しました。B は意欲が減退し、自宅に引きこもり状態で、大学生にはよくある悩みだと励まし、カウンセリングを勧めましたがそちらには行っていないようですね。B は私とは話せるようで、何回か面談しています。今日の面談では思い詰めた表情だったので、自殺の可能性を考え不安になりました。後日また面談することについて B は了承していますが、教員としてどうしたら良いでしょうか。 」
 このときのカウンセラーの A への対応として、最も適切なものを1つ選べ。

① B の 自殺の危険性は低いと伝え、対応は A に任せる。
② カウンセラーが B と直接会ってから A と対応を検討する。
③ B に カウンセリングを受けることを強く勧めるよう助言する。
④ B の問題を解決するために継続的にAに面談することを提案する。
⑤ 危機対応として家族に連絡し医療機関への受診を勧めるよう助言する。

関連ページ:

違う問題を解く

次の問題を解く

ランダムに問題を解く

任意の問題を解く