2019年 問137

問題

 18 歳の女性 A、大学生。サークルに入部して1か月がたった頃、A はいつも集合時間に遅刻するため、副部長の B から注意を受けた。そのことをきっかけにBを怖いと思うようになった。その後、忘れ物をした部員に B が注意している場面を偶然見かけ、B はいつも怒っているので怖いという思いが強くなった。実際には、B が部員を優しく励ましたり、場の雰囲気を和ませる発言をしたりする場面も見たことがあるが、そのことはAの印象には残っていなかった。やがてAは「Bがいるからサークルに行きたくない」と言い、サークルを休むことが多くなってきた。
 このような A の心理的特徴として、最も適切なものを1つ選べ。

① 錯誤相関
② 確証バイアス
③ 自己評価維持モデル
④ スポットライト効果
⑤ 利用可能性ヒューリスティック

関連ページ:

違う問題を解く

次の問題を解く

ランダムに問題を解く

任意の問題を解く