2020年 問76

問題

 5歳の男児 A。A は、実父からの身体的虐待が理由で、1か月前に児童養護施設に入所した。A は、担当スタッフの勧めで同施設内に勤務する公認心理師 B の面談に訪れた。担当スタッフによると、A は、
入所時から衝動性・攻撃性ともに高かった。施設内では、コップの水を他児 C にかけたり、他児 D を椅子で殴ろうとしたりするなど、A の暴力が問題となっていた。また寝つきが悪く、食欲にむらが見られた。Bとの面談でAは暴力の理由を「いつも僕が使っているコップを C が勝手に使ったから」「D が僕の手首を急に掴んだから」と語った。また、「夜眠れない」と訴えた。
 B が初期に行う支援として、適切なものを2つ選べ。

① 遊戯療法を速やかに導入し、A に心的外傷体験への直面化を促す。
② 受容的態度で A の暴力を受け入れるよう、担当スタッフに助言する。
③ コップ等の食器は共用であるというルールを指導するよう、担当スタッフに助言する。
④ Aの様子を観察し、A が安心して眠れる方法を工夫するよう、担当スタッフに助言する。
⑤ 衝動性や攻撃性が高まる契機となる刺激ができるだけ生じないように、担当スタッフと生活環境の調整を検討する

関連ページ:

違う問題を解く

次の問題を解く

ランダムに問題を解く

任意の問題を解く