2018年(追加試験)

2018年(追加試験)

2018年(追加試験) 問121

問121 クライエントとカウンセラーの作業同盟に問題があると疑われたときのカウンセラーの対処として、最も適切なものを1つ選べ。 ① クライエントが表現しにくい不満を言葉にすることを手伝う。 ② できるだけ早く抵抗の解釈を行い、問題が恒久化...
2018年(追加試験)

2018年(追加試験) 問112

問112 コーピングについて、誤っているものを1つ選べ。 ① ストレスフルな事態に対して行う認知的行動的努力である。 ② ストレスフルな事態そのものに焦点を当てたコーピングを問題焦点型コーピングという。 ③ ストレスフルな事態を過度に脅...
2018年(追加試験)

2018年(追加試験) 問101

問101 突然の動作停止後にぼんやりとなり、口をもごもご動かしながら舌なめずりをして、自分の服をまさぐる動作が数分間みられる状態が月に数回あり、この状態があったことを覚えていない。この状態について、最も適切なものを1つ選べ。 ① せん妄...
2018年(追加試験)

2018年(追加試験) 問17

問17 バーンアウトについて、正しいものを1つ選べ。 ① バーンアウトの中核的な特徴は不安である。 ② バーンアウトが最も多い職種は生産技術職である。 ③ バーンアウトを初めて提唱したのは C. Maslach である。 ④ バーンア...
2018年(追加試験)

2018年(追加試験) 問16

問16 初回面接でのクライエントとの関わりにおいて必要な態度として、最も適切なものを1つ選べ。 ① ラポール形成のために、早急な助言を控える。 ② クライエントの主観的現実よりも客観的事実を重視する。 ③ クライエントの言葉に疑義を挟...
2018年(追加試験)

2018年(追加試験) 問13

問13 心理アセスメントにあたっての基本的な情報の収集方法として、最も適切なものを1つ選べ。 ① ワンウェイミラーの行動観察はアセスメントに必要である。 ② 生育歴の聴取はアセスメントの基本となるため、初回面接で行う。 ③ 心理検査は...
2018年(追加試験)

2018年(追加試験) 問6

問6 因子分析の斜交回転において各観測変数と各因子との相関係数を要素とする行列を表すものとして、正しいものを1つ選べ。 ① 共通性 ② 独自性 ③ 因子構造 ④ 因子負荷 ⑤ 単純構造 ▼正答と解説 正答 ③ 解説 因子分析では斜...
2018年(追加試験)

2018年(追加試験) 問2

問題 精神科病院に通院中のクライエントが特定の人へ危害を加える可能性があると判断される場合、公認心理師が最初に行うべき行動として、最も適切なものを1つ選べ。 ① ただちに警察に連絡する。 ② クライエントの主治医に状況を報告する。 ③...
2018年(追加試験)

2018年(追加試験) 問1

問題 公認心理師の登録取消しの事由として、正しいものをつ選べ。 ① 成年被後見人になった。 ② 民事裁判の被告になった。 ③ クライエントの信頼を失った。 ④ スーパービジョンを受けなかった。 ⑤ 保健医療、福祉、教育等の担当者と連携...
2018年(追加試験)

2018年 問70

問70 42歳の女性 A。Aは中学2年生の息子Bの不登校について相談するために、スクールカウンセラーを訪ねた。中学1年生のときの欠席は年1日程度で部活動もしていたが、中学2年生の5月の連休過ぎから休みがちとなり、1か月以上欠席...
スポンサーリンク