2018年(追加試験) 問150

問題

 14 歳の男子 A、中学2年生。A は日頃学業への取組が不十分であり、定期試験の答案が返却される度に、点数が低いのは自分に能力がないからだと考えていた。しかし、今回の定期試験では努力した結果、Aは高得点をとることができた。A はたまたま問題が簡単だったからだと考えている。
 原因帰属理論に基づいて、A の担任教師が A の学業への取組を促すための対応として、最も適切なものを1つ選べ。

① 次回のテストも簡単かもしれないから大丈夫だと伝える。
② 今回は運が良かっただけなので慢心しないように注意をする。
③ A には高得点をとる能力があるのだということを繰り返し強調する。
④ 問題が簡単だったからではなく努力したから高得点だったと強調する。

関連ページ:

違う問題を解く

次の問題を解く

ランダムに問題を解く

任意の問題を解く