模擬問題 問14

問14

認知症について、正しいものを1つ選べ。

①認知症とは、いったん正常域の水準まで発達した知能が、器質的障害によって持続性・進行性に低下した状態であり、治療は困難である。
②認知症の中核症状として、BPSDが知られている。
③ピック病は、他の認知症よりもパーキンソン症状の出現頻度が高いことが特徴である。
④アルツハイマー病では、段階的に認知機能が低下していく。
⑤レビー小体病は、変性疾患による認知症の中でアルツハイマー病に次いで多い。

参照:認知症

違う問題を解く

次の問題を解く

ランダムに問題を解く

任意の問題を解く