模擬問題 問8

問8

少年事件の処理手続きについて、正しいものを1つ選べ。

①18歳未満で罪を犯した場合には、死刑は無期刑とされ、また無期刑では有期の懲役または禁錮を科すことができるように、死刑と無期刑には緩和がなされる。
②少年院への収容が相当と認められた場合、心身に障害がない12歳から23歳未満の者は、3種少年院へ送致される。
③少年であっても、警察によって検挙され、検察庁に送致されるような場合には、基本的に地方裁判所で裁判を受ける。
④少年法における犯罪少年とは、罪を犯した18歳以上の少年をさす。

参照:少年法、少年鑑別法、少年院法

違う問題を解く

次の問題を解く

ランダムに問題を解く

任意の問題を解く