少年非行

少年非行

 警察庁生活安全局少年課が出している<少年の補導及び保護の概況>では、犯罪少年、触法少年、虞犯少年を非行少年としてその動向などについて述べています。

 刑法犯少年の検挙人員は、全体として平成16年以降減少し続けています。
 罪種別に見た場合、殺人、強盗、放火、強制性交等を含む凶悪犯は、平成24年をピークに減増を繰りかえし緩やかに減少しています。平成30年では、検挙人員総数に凶悪犯が占める割合は1.97%でした。
 年齢別にみた場合、平成27年までは年少少年(14,15歳)、中間少年(16、17歳)、年長少年(18、19歳)の順に多かったのですが、年少少年の人口比の減少傾向は相対的に大きく、平成28年には中間少年の人口比を下回り、令和元年には年長少年の人口比を下回りました。
 学識別にみると、学生・生徒の割合が、学生・生徒以外の割合よりも多くを占め、中でも高校生によるものが最も多い傾向があります。
 共犯率は、成人同士の共犯率よりも高い傾向にあり、ますが緩やかな減少傾向で推移しています。平成30年は、21.8%でした。
 校内暴力の件数は、平成26年以降減少の傾向にありますが、小学校では平成26年以降も増加傾向にあります(令和元年中における 少年の補導及び保護の概況)。

関連問題

●2018年(追加試験)-問20 ●2019年-問98 ●2020年-問101、問141

参考文献

スポンサーリンク
cottonをフォローする
公認心理学-公認心理師試験合格のための心理学-