2018年(追加試験) 問106

問題

 非行少年の処遇について、正しいものを1つ選べ。

① 少年院を仮退院した少年は保護観察に付されない。
② 家庭裁判所の処分として児童自立支援施設に入所することはない。
③ 保護観察では心理学の専門的知識を有する保護司が担当しなければならない。
④ 児童相談所は親権者又は未成年後見人の意に反して児童自立支援施設への入所措置はできない。
⑤ 矯正教育のために、少年鑑別所に収容されている時から各種心理的な治療プログラムを導入している。

関連ページ

少年法更生保護法

違う問題を解く

次の問題を解く

ランダムに問題を解く

任意の問題を解く