2018年 問47

問題

公認心理師が他の職種と連携して業務を行う際の秘密保持に関する留意点として、不適切なものを1つ選べ。

① 教育分野では、相談内容を担任教師に報告する場合、クライエントである児童生徒の同意が必要である。
② 医療分野では、全職種が守秘義務を有しているため、クライエントの秘密の扱いについて本人に同意を得る必要はない。
③ 産業分野では、うつに悩むクライエントから許可を得れば、クライエントの上司に対して業務量の調整を提案してよい。
④ 犯罪被害者のカウンセリングで得られた犯人に関する情報の提供を求められても、正当な理由がなく警察官に伝えてはならない。

関連ページ:

違う問題を解く

次の問題を解く

ランダムに問題を解く

任意の問題を解く