2018年 問50

問題

認知行動療法について、正しいものを2つ選べ。

① 機能分析では、非機能的な認知に気づき、それに代わる機能的な認知を見つける。
② セルフ・モニタリングでは、個人が自らの行動、思考、感情などの側面を観察し、報告を行う。
③ トークン・エコノミー法では、レスポンデント条件づけの原理を用い、望ましい行動を示した場合に強化報酬を与える。
④ モデリングでは、クライエント自身が直接経験しなくても、他者(モデル)の行動を観察することで新しい行動の習得につながる。
⑤ 行動実験では、言葉による行動調節機能を用い、クライエントが自分自身に適切な教示を与えることによって治療効果を引き出す。

関連ページ:行動療法認知行動療法

違う問題を解く

次の問題を解く

ランダムに問題を解く

任意の問題を解く