2019年

2019年 問136

問136 網膜像差が奥行き知覚手掛かりとして有効であるかを検討する目的で実験を行った。網膜像差が0分、6分、12 分、18 分の4種類からなるランダムドットステレオグラムを各実験参加者にランダムな順序で呈示した。実験参加者はランダムドット...
2019年

2019年 問135

問135 犯罪被害者等基本法について、正しいものを2つ選べ。 ① 犯罪等とは、犯罪及びこれに準ずる心身に有害な影響を及ぼす行為を指し、交通事故も含まれる。 ② 犯罪被害者等とは、犯罪等により害を被った者及びその家族又は遺族であり、日本国...
2019年

2019年 問134

問134 親権について、正しいものを2つ選べ。 ① 親権には財産管理権は含まれない。 ② 民法には親権喪失及び親権停止が規定されている。 ③ 児童相談所の一時保護には親権者の同意は必要でない。 ④ 里親に委託措置をする場合、親権者の同意...
スポンサーリンク
2019年

2019年 問133

問133 物質使用障害について、正しいものを2つ選べ。 ① コカインは身体依存性が強い。 ② ヘロインは身体依存性が強い。 ③ 大麻はドパミン受容体を介して多幸作用を生じる。 ④ モルヒネはオピオイド受容体を介して興奮作用を生じる。 ⑤...
2019年

2019年 問132

問132 知的障害のある子どもへの対応方針について、適切なものを2つ選べ。 ① 失敗体験を積み重ねて失敗に慣れさせる。 ② スモールステップでできることを増やす。 ③ 得意な面よりも苦手な面を優先して指導する。 ④ 社会生活に必要な技能...
2019年

2019年 問131

問131 二次予防の取組として、適切なものを2つ選べ。 ① がん検診 ② 健康教育 ③ 作業療法 ④ 予防接種 ⑤ 人間ドック ▼正答と解説 正答 ①、⑤ 解説 違う問題を解く >ランダムに問題を解く 下の問題はページを読み込む度に...
2019年

2019年 問130

問130 田中ビネー知能検査 V の実施と解釈について、正しいものを2つ選べ。 ① 2歳から 18 歳 11 か月まで適用が可能である。 ② 生活年齢より1歳低い年齢級の課題から検査を始める。 ③ 13歳以下では、精神年齢から知能指数を...
2019年

2019年 問129

問129 PECS の説明として、正しいものを2つ選べ。 ① 質問への応答から指導を始める。 ② 応用行動分析の理論に基づいている。 ③ 身振りを意思伝達の手段として用いる。 ④ 補助代替コミュニケーションの一種である。 ⑤ 自閉スペク...
2019年

2019年 問128

問128 J.P iaget の発達段階説について、正しいものを2つ選べ。 ① 発達段階は個人によってその出現の順序が入れ替わる。 ② 感覚運動期の終わり頃に、延滞模倣が生じる。 ③ 前操作期に入ると、対象の永続性に関する理解が進む。 ...
2019年

2019年 問127

問127 対人魅力について、適切なものを2つ選べ。 ① 相手からの評価や好意が対人魅力に影響を与える。 ② 相手との物理的距離が大きいほど対人魅力につながる。 ③ 容貌などの身体的特徴は対人魅力に影響を与えることはない。 ④ 相互作用を...
スポンサーリンク